恋愛・健康・株式専門 コピーライター藤原くによし

記事一覧(3)

それはお客様が本当に欲しいものですか?

藤原です、インドのある地方にだけ、小型バイクがバンバンと売れていました。「不思議だな?」と思った欧州のバイクメーカーは若手の敏腕社員をこのインドの地方に派遣をして現地調査を命じました。派遣された社員が見たのは、驚くべき光景でした…村人の一人も小型バイクに乗っていないのです。なんと、バイクの小型エンジンは外されて、井戸のポンプとして使われていたのです。バイクから取り外して、井戸につければ、水が簡単にくみあげられのです。派遣された社員は社長に報告をします。「社長、バイクのエンジンが外されて、井戸のポンプとしてインド人に使われていました」社長は考えました。・インドの地方では井戸用のポンプが需要がある・インドは人口が爆発している・井戸で自社のブランドの認知を上げておけば、のちにバイクも売れる社長は早速、井戸用の小型ポンプを発売し、見事に大ヒットしました。さて、あなたの商品は、本当にお客様が求めていますか?「たぶん売れるんじゃないかな?」と何となく作った商品が売れる事はありません。もし売れていないのでしたら、何かお客様の欲や悩みとマッチしていないのかもしれませんね。=================【ヒット商品を生み出すコツ】
ステップ1:お客様に直接もしくはアンケートで欲と悩みをリサーチする。
(レポートなどお得な情報を回答していただいた方にプレゼントすると回答率は上がります)
ステップ2:3人以上が同じ答えをした、欲や悩みの解決商品を考える。
ステップ3:「こんな商品があったら、購入したいですか?」と先に口頭で売ってみる。
ステップ4:商品・サービスを作って販売してみる。=================例えば、「デスクワークで肩こりがひどい」という悩みが自分の顧客リストに多かったら、「座ったままで簡単に肩こりを改善する方法」というものが売れるかもしれません。「藤原さん、商品を作らないで、先に口頭で売ってみるのは変ではないですか?」とあなたは言われるかもしれません。実は、通販業界では先に商品を作らずに、注文を受けてから商品を作ることはザラです。「注文を受けてから、2週間後に発送します!」とお客様に伝えておいて、2週間の間に、裏で必死に作っていたりします。是非、このステップであなたの大ヒット商品を生み出してください。見込み客に悩みと欲を聞かないで外してしまう事が無くなります。藤原くによし無料プレゼント『人を自由自在に操る28の方法』:http://candlelights.info/wp/pro.html

あなたはこんな間違ったニッチ戦略をしてませんか?

藤原です、あなたはこんなニッチ戦略をしてませんか?…私は20代の頃に海釣りばかりしていました。神奈川県の大磯、茅ヶ崎、江の島、川崎扇島などでです。そして・・・川崎の釣具店でいつも混んでいるお店がありました。そのお店は「川崎扇島でどこで何が釣れるかマップ」を無料で配っていたのです。私「扇島の釣りマップをください」店長「はい。どうぞ。今、ここであなごが連れています。えさはあおいそめを一針に3匹かけてね」釣り場を教えてもらった人は、餌だけではなく、釣り具も買うためお店はいつも大繁盛です。『扇島の釣り専門』というニッチ戦略でこの釣り具店は、いつも大勢のお客様が来ていました。(9.11が起きてからフェンスが張られて 扇島は釣りが不可になってしまいましたが…)しかし、、、もしこのお店が「水たまりで魚を釣る方法」というものを無料で配っていたら・・・誰も必要としないので、お客様は集まらなかったと思います。9.11以前の川崎扇島では毎日1000人近くの釣り師がいらっしゃいました。1000人の釣り師は「今どこで何が釣れるのか?」を・欲しくてたまらない・お金を払ってでも欲しいという気持ちでした。===================あなたのニッチ戦略は・多くの人が欲しくてたまらない・お金を払ってでも欲しいに当てはまっていますか?===================当てはまっていなければ、コンセプトの見直しが必要かもしれません。藤原くによし無料プレゼント『人を自由自在に操る28の方法』:http://candlelights.info/wp/pro.html